ayumi uyama diary♪

人形作家、ポーズ人形コレクター宇山あゆみのブログ♪
<< 早く観たい!「エコール」♪♪♪ | main | 夏の想い出 Vol.2  メルヘンTシャツと二日酔い >>
夏の想い出vol.1旧白州邸「武相荘」へ!

このお家が一般公開されていると知ったのは、つい先月。
去年買った雑誌をパラパラめくっていた時のこと。
取材でも申し込まないかぎり、
このお家に入れるなんて思ってもみなくて、
数日後にさっそく訪問。

鶴川駅から近代的な住宅街を歩いていくと、
お寺でもあるのかな?と思うくらい、
竹やぶや緑の生い茂る一角がありました。
小さな坂を登ると「武相荘」の門、
そして、大音量の蝉しぐれ。


「昭和の洒落者」と呼ばれ、
晩年までポルシェに乗っていたという白州次郎さんと
随筆家の白州正子さんの農家を改造したお家。
門をくぐる前に出迎えてくれたのが、
よく本で見かける、次郎さん手作りのポストと、
正子さんの活け花の花器にもなっていた臼。



「武相荘」とは、武蔵と相模の境にあるというところから、
次郎さんが名付けたもの。

残念ながら、
お部屋の中は撮影禁止。
でも、深い茶色の木でできた床や柱のたたずまいは、
一歩足を踏み入れたとたん、
大袈裟かもしれませんが、私のからだの中の
自分よりずっと前の魂が、この家にワ!っと飛びついたような
一体感がありました。
懐かしい、とかそういう知識で持っているものより
もっと原始的な感覚でした。
そして、同時に、人は木から離れてはいけないんだなと思いました。

ゆったりと何時間でも話しこんでしまいそうな
囲炉裏のお部屋があったり、
小さな文机のある書斎は、目の前が緑いっぱいの窓で
足元が掘りごたつのように工夫されていたり。
ここで暮らすことができたら、
もっと穏やかな人になれるんだろうなと思いました。


ぶ厚い茅葺きの屋根には、
雑草の種が飛んで、自然に緑地化♪


まだ、正子さんがいらっしゃるかのように
活けられた軒下の草花。


外の階段を上がったギャラリーには、
次郎さん直筆の遺書の展示も。
男気に溢れた、大きな文字に、無駄のない言葉!


喫茶の珈琲もケーキも最高♪
おみやげコーナーには、
正子さん愛用のお香もあり、「白檀」を購入♪


喫茶のお手洗いも、こんな洒落た演出が!
古道具の使い方ひとつをとっても、
「なるほど!」と思いました。

四季によって、展示内容が変わるとのことなので、
今度は、もう少し秋が深まった頃、
是非また訪れてみたいです♪

旧白州邸「武相荘」
http://www.buaiso.com/
| ayumi | - | 09:36 | comments(1) | trackbacks(1) | - | -
旧白州邸ではなく、旧白洲邸です。
この間違え多いんですよね。
それから、喫茶室の中も撮影禁止ではなかったでしょうか?
ケーキセット、トイレの中もたしか・・・。
| とおりすがり人 | 2008/08/17 11:52 PM |









http://blog.ayumiuyama.com/trackback/582248
坊主の話
坊主の物語
| 坊主の茸 | 2006/11/08 3:01 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>