ayumi uyama diary♪

人形作家、ポーズ人形コレクター宇山あゆみのブログ♪
みなさんのカワイイお人形さんたち!
 
                          *写真転載不可

同じ素材で、作り方も同じなのに、
こんなにも個性豊かな仕上がり!

どのお人形も、どことなく作者の方に似ていて
楽しい気持ちになりました!

ピンクコートの右から2番目のお人形、
「英会話の先生みたいですね!」と作者の方に云うと、
本当に英語を教えていらっしゃる方で、ビックリしました!

お教室の中に、
もうひとつ小さなお教室が生まれたのでした。

時間が足りず、和装に挑戦してくださった方々の
作品を撮影できなかったこと、とても残念です。
完成された方、よろしければ
HP宛に、お写真送ってください!

(最後の方が、慌ただしくなってしまってすみませんでした。
作り方のご質問あれば、こちらもHP宛にメールください。)

針金や竹串、脱脂綿、ジョーゼット、
フェルト、刺繍糸という素朴な素材も
人間の手にかかれば、このとおり。

ほとんどの方が、こういうお人形を作られたのは
初めてのことだったと思います。
慣れない作業を次々に突破され、
ゴールを目指してくださったオーラに包まれたお人形、
「表現」の原点を見る思いでした。


                      つづく





| ayumi | - | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
お教室、楽しかったです!!
お教室の風景 

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!
あの日は、本当にたくさんの感動がありました。

帰りの電車では、デジカメに納めた
みなさんのカワイイお人形の写真を眺めながら
余韻に浸っていました。

随分経ってから、ふと、逆方向の電車に乗っていることに気づいて、
また刈谷に戻ったりして。。。

和装バリエ

今回の和装2色は、えんじ色、または紫で
帯は、なるべく細かくいろんな色が入っている古布にしました。
大正モダンを意識して、トランプ柄も。
(国立「アンティーク・ジョン」さんで購入)

洋装バリエ

洋装は、ピンクとブルーで、帽子の形がちがいます。
前日に、刈谷市美術館さんで、
キットの準備をさせて頂いたのですが
学芸員さんを始め、なんと館長さんまでが、
フェルトのカットを手伝ってくださったのでした!

つづく

| ayumi | - | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
「蕗谷虹児展」にて人形教室開催!
蕗谷虹児展フライヤー 

みなさま、その後お元気ですか?
久々の更新となってしまいました。

ここでの告知が間に合わなかったのですが、
刈谷市美術館で開催中の「蕗谷虹児展」にて、
「モダンガールをつくろう!」という手芸教室を開催します。

モダンガールのお人形

最新号の「Dolly*Dolly」誌に載せて頂いたこともあって、
実にたくさんのご応募ありがとうございました!
(ビックリです!)

お人形は、蕗谷虹児の描くモダンガールをイメージして
和装、洋装の2タイプで、それぞれ2色ずつあります!

というわけで、明日から、刈谷に出張です。

今、その準備でいっぱいいっぱいなので、
帰ってきたらまたレポートなどアップしますね!
ずっと更新していなかったので、
たくさん、お知らせしたいこともたまってきました。

(先日の停電で、8年使ったパソコンが壊れ、
新しいパソコンから初のブログです。)

------------------------------------------------------------------------
「蕗谷虹児展」 5/29(日)まで

刈谷市美術館 
am9:00~pm5:00(入館4:30まで)
http://www/city.kariya.lg.jp/museum/

フライヤー口絵 『異国人形』
(1926年/「令女界」)

週末は、大正・昭和の叙情画の世界に浸ってきます!



| ayumi | - | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
心の中。


まだまだ祈り続けなくてはならないことが
たくさんあって、
日々の報道に涙したり、
怒りを感じたりしていますが、

今は、机の上の電気スタンド一灯で
地道に仕事を進めています。

やわらかな牡丹の上で舞う蝶々の妖精。
昭和初期の小さなお人形です。











| ayumi | - | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
みんなの想い。
天使こけし

今日は、メイツちゃんから「家族全員無事でした」と
メールが来て、涙が出るほどホッとしました。

でも、今も被災地で、不安な時間を過ごされている方が
たくさんいらっしゃるかと思うと
ただただ祈るばかりです。

せめて、今の状況で雨が降りませんように!

近所の住宅街は、夜の7時頃でも
真夜中のように真っ暗で、
みんなが節電に協力していることがわかります。

太陽の明るさは、昔と今で違わないはずなのに、
室内照明だけでも、相当強力になっていたことを
気付かされました。

そして、私たちもいつ被災者になるかわかりませんが、
体力とアイデアをフル活用して、
必ず生きて行きましょうね!





| ayumi | - | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>